テーマ:自治基本条例

自治基本条例制定のための委員会設置を巡り住民監査請求

 生駒市の「市民投票条例案」の是非をめぐり、同市の男性が提訴し、法廷で争われることになったニュースを以前記事にしましたが、その後も出雲市や横須賀市で同じように、条例案検討会や検討委員会の設置を巡って住民監査請求がされています。いずれの場合も、条例制定のための検討会や委員会の設置については違法との判断が下されたようです。  自民党が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生駒市の「市民投票条例案」の是非が法廷に

 生駒市の「市民投票条例案」については、拙ブログでも、自治基本条例について取り上げる中でご紹介してきましたが、その是非が法廷で争われることになったというニュースがありました。  裁判の結果によっては、各自治体にも影響が出てくるのではないでしょうか。 ◇法的是非、初裁判に 議会議決なし 違法性争点 (産経新聞 平成24年5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民党が自治基本条例に注意喚起!

 自治基本条例の問題点については、このブログでも何回か取り上げてきましたが、自民党でも、今年5月に「自治基本条例に関するプロジェクトチーム」を立ち上げ、有識者の意見を聞いたり、自治体との意見交換会を実施して、自治基本条例の問題点を整理し、今回その内容を政策パンフレットに取り纏めて注意を喚起しています。  パンフレットはその名も「チ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自治基本条例の最高規範性について

 昨日の記事で、自治基本条例と都市憲章を取り上げ、都市憲章でも最高規範性が規定されており、各地の自治基本条例にも受け継がれていることをお伝えしました。さすがに現在制定されている自治基本条例には、国の法令までも自治基本条例によって解釈しようとする動きはありませんが、そもそも自治基本条例を他の条例より上位に位置づけすることができるのでしょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自治基本条例と都市憲章

 全国的に自治基本条例の制定が相次いでいるようですし、自治基本条例で検索して拙ブログをお読み頂いている方もいらっしゃいますので、これまでにも何回か自治基本条例について取り上げてみましたが、今回は自治基本条例と都市憲章について調べてみたいと思います。  日本政策研究センター刊行の「あなたの町の危険な条例」の中の「自治基本条例の『背景…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自治基本条例と子どもの権利

 先般、厚木市の自治基本条例に子どもの権利が盛り込まれたニュースをお伝えしましたが、函館市の自治基本条例原案にも当初「子どもの健全育成」の条文が盛り込まれており、削除された経緯があります。子どもの権利とは違って健全育成は問題ないのですが、なぜ自治基本条例に盛り込む必要があるのかは疑問です。  このことについてはパブコメでも、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自治基本条例に盛り込まれる子どもの権利

 厚木市で21日、自治基本条例案が可決され、その中に子どもの権利を盛り込んだという報道がありました。 ◇厚木市議会:自治基本条例を可決--24日施行 (毎日新聞 平成22年12月22日)  厚木市議会は21日、12月定例会本会議で自治基本条例案を可決した。施行日は24日。制定に当たっては、08年8月から、公募に応じた市民33…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

外国人参政権問題

 先般、自治基本条例を取り上げた際に、外国人参政権の問題についても若干触れましたが、今回はこの問題、具体的には永住外国人に対して地方選挙権を付与する問題について、ごく一部ですが取り上げてみたいと思います。  外国人参政権付与法案については今年に入って民主党政権が国会に提出しようとする動きがあったことから、様々な報道がされましたので…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

自治基本条例について

 このブログは、子どもの権利条例について考えていますが、子どもの権利条例と同じように危険性が指摘されている地方の条例に、男女共同参画条例、自治基本条例があります。函館市では既にどちらの条例も制定されてしまっていますが、今、生駒市で自治基本条例に基づいて外国人参政権を認める生駒市市民投票条例が制定されようとしており、函館でも同じような問題…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more