児童の権利条約第3選択議定書の署名式典が開催

 CRINやブログ「国連子どもの権利委員会に通報できる制度を作ろう」によれば、昨日、平成24年2月28日、ジュネーブにおいて児童の権利条約第3選択議定書の署名式典が開催され、20カ国が署名を完了したようです。

 最初に署名した20カ国は下記の通りで、まだ日本は署名していないようですが、これまでの経緯からすれば、批准するかどうかは別として署名は行うのではないでしょうか。

 スロバキア、スロベニア、コスタリカ、ポルトガル、セルビア、ウルグアイ、ブラジル、チリ、ドイツ、モロッコ、モンテネグロ、スペイン、オーストリア、ベルギー、フィンランド、イタリー、ルクセンブルグ、モルディブ、マリ、ペルー

 新選択議定書には「10番目の批准書または加入書を委託した後3カ月で効力を生ずる」とありますが、署名した20カ国がそのまま批准したかどうかはわかりませんので、いつ発効するのかは今のところ未定です。

 児童の権利条約に限らず、他の人権条約の個人通報制度を定めた選択議定書に批准していない日本が批准するのか否かが今後注目されるところです。


《拙ブログ関連記事》

児童の権利条約に第3選択議定書制定の動き

児童の権利に関する条約の第3選択議定書に団体通報制度

児童の権利条約の第3選択議定書

国連人権理事会、児童の権利条約第3選択議定書を採択

児童の権利条約第3選択議定書の現状

国連総会第3委員会、児童の権利条約第3選択議定書を採択

児童の権利条約第3選択議定書について外務省の見解

国連総会、児童の権利条約第3選択議定書を採択


"児童の権利条約第3選択議定書の署名式典が開催" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント