函館市長・市議選前に、これまでのまとめ

 明日から函館市長・市議選が始まります。子どもの権利条例については選挙の争点にはならないかもしれませんが、これまで書いてきました子どもの権利条例についての記事をまとめてみたいと思います。

各地の子どもの権利条例の先駆けとなった川西市と川崎市の例です。
兵庫県川西市の例
神奈川県川崎市の例

札幌市では市民から多くの反対の声があがりました。残念ながら制定されてしまいましたが、反対意見が参考になります。
札幌市の例(1)
札幌市の例(2)
札幌市の例(3)
札幌市の例(4)

広島市でもPTAなどから反対の声が多く、未だに市議会に上程されていません。推進派の市長が引退し、慎重派の市長が就任しましたので、当分動きはないかもしれません。
広島市子ども条例、また提案見送り
広島市の例(1)
広島市の例(2)
広島市の例(3)
広島市の例(4)
広島市子ども条例、またまた提案見送り

子どもの権利条例によってどのような問題がおきているのか、またどのような問題点があるのかをまとめてみました。
所沢高校での権利の主張
給食だけ食べに来る生徒達
生徒人権手帳
子どもの権利条例の問題点①
子どもの権利条例の問題点②
子どもの権利条例の問題点③
子どもの権利条例の問題点④
子どもの権利条例の問題点⑤
児童の権利条約への日教組の取り組み

各地の子供に関する条例には、権利条例ではなく、内容が健全育成条例である場合もあります。逆に「権利」の文字がなく「子ども条例」であっても権利条例である場合もありますので注意が必要ですが、各地の例を見てみました。
熊本県子ども輝き条例
長崎県子育て条例
浜松市子ども育成条例
日野市子ども条例

子どもの権利条例制定の根拠とされている国連の児童の権利に関する条約についても本数が多くなっていますが、ご参照頂ければと存じます。
国連の児童の権利に関する条約
児童の権利委員会への報告書を作成するための意見交換会が2つ?
国連の児童の権利委員会の勧告がすり替えられていた?
条約の批准と委員会見解(勧告)の履行義務
児童の権利条約に第3選択議定書制定の動き
児童の権利に関する条約の第3選択議定書に団体通報制度
国連の人権条約と各地の条例
児童の権利条約の第3選択議定書
児童の権利条約ができるまで①
児童の権利条約ができるまで②-保護を受ける権利-
児童の権利条約ができるまで③-オートノミーの権利-
児童の権利条約ができるまで④-条約の審議過程-
児童の権利条約ができるまで⑤-条約が抱える矛盾-
児童の権利条約に批准していない米国

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック