函館市の子どもの権利条例を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS 国連の拷問禁止委員会が日韓合意の見直しを勧告 (※追記あり)

<<   作成日時 : 2017/05/13 15:13  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 国連の拷問禁止委員会が慰安婦問題に関する日韓合意の見直しを勧告したというニュースがありました。

◇国連委員会が「慰安婦」日韓合意見直しを勧告 「補償や名誉回復は十分でない」 報告書で両政府に (産経新聞 平成29年5月13日)

【ロンドン=岡部伸】国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会は12日、慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意について、被害者への補償などが不十分として、合意の見直しを勧告する報告書を発表した。在ジュネーブ日本政府代表部も確認した。

 勧告に法的拘束力はないが、韓国メディアは、事実上の合意再交渉を求めたと報じており、日韓合意の「再交渉」を公約に掲げる韓国の文在寅大統領が勧告を基に日本政府に再交渉を要求する可能性がある。

 報告書は韓国に対する審査を記したもので、同合意について「元慰安婦は現在も生存者がおり、被害者への補償や名誉回復、再発防止策が十分とはいえない」と指摘。日韓両国政府に対して、「被害者の補償と名誉回復が行われるように尽力すべきだ」と強調した。

 韓国の聯合ニュースは国連勤務経験のある専門家の話として、同委員会が「『人権原理主義者』と称してもかまわないほど、世界的に最もリベラルな機構」と評されていると紹介。「勧告に強制力がない点を考慮しても、一定の信頼性と権威を持っている」とする分析を伝えた。

 同委員会は拷問等禁止条約の批准国家が履行義務を果たしているかを監視するため1987年に国連に設置された。日本は1999年に条約を批准した。国連では昨年3月にも、女子差別撤廃委員会が「日韓合意によって問題が解決したとみることはできない」と勧告している。

 合意は、日韓両国が2015年12月28日、旧日本軍による慰安婦問題に関し「最終的かつ不可逆的な解決」を確認し、日本が軍の関与と政府責任を認め、元慰安婦を支援する韓国の財団に10億円を拠出した。

 安倍晋三首相は11日の文氏と電話会談した際に合意履行を求めたが、文氏は「国民の大多数が情緒的に受け入れられないのが現実だ」とした。

◇慰安婦巡る日韓合意、見直し勧告…国連委員会 (読売新聞 平成29年5月13日)

【ジュネーブ=笹沢教一】国連の拷問禁止委員会は12日、2015年12月の慰安婦問題を巡る日韓合意について、「補償や名誉回復、再発防止が十分でない」として合意の見直しを勧告する報告書を発表した。

 報告書は慰安婦について「第2次世界大戦中の性奴隷制度の犠牲者」と位置づけたうえで、国連の拷問等禁止条約に基づく「被害者に対する可能な限り完全な名誉回復や補償、再発防止」が不十分だと指摘し見直しを求めた。

 韓国では、文在寅ムンジェイン政権の発足とともに合意見直しを求める世論が強まっている。今回の報告書に強制力はないが、勧告の履行状況が今後、委員会の審査対象になるため、韓国が日韓合意の見直しを求める口実とする可能性がある。

 国連には人権問題を扱う機関が多数設置され、多くは慰安婦問題を巡り日本に厳しい立場を取っている。16年3月には女子差別撤廃委員会が「被害者中心の立場に立ったものでない」と日韓合意に批判的な勧告を日本に行っている。

 慰安婦問題は、国連人権委員会(国連人権理事会の前身)のラディカ・クマラスワミ特別報告者による「クマラスワミ報告」(1996年)や、同委員会の小委員会に提出された「マクドガル報告」(98年)が取り上げ、日本政府の主張とは異なり、「戦時の性奴隷制度」と位置づけている。

 日本政府は国連の拷問禁止委員会の今回の報告書が韓国政府を対象としていることから、韓国側の対応を注視する方針だ。外務省幹部は「日韓合意を順守すべきだというのが日本の立場だ。韓国にも同じ対応をとってほしい」と語った。


 このニュースで報じられている国連の拷問禁止委員会の勧告は、国連の人権条約の一つである拷問等禁止条約に基づいて、批准国である韓国が同委員会に対して提出した政府報告に対して出されたもので、読売新聞のニュースにあるように、韓国政府を対象としたものです。

 国連の拷問禁止委員会のHPを開き(Select a treaty欄でCATを選択) 、「States」欄で「Republic of Korea」(韓国)を選択すると、韓国に関するセッションが表示されますので、今回の第60回を選択すると、今回審査対象となって国の中に韓国があります。その中の「Concluding observations」を開くと、今回の韓国に対する勧告が掲載されていますが、日韓合意について書かれた部分は次の通りです

47. The Committee is concerned:
(a) While welcoming the Agreement reached at the Republic of Korea-Japan
Foreign Ministers’ Meeting on December 28, 2015, and taking note that there are still 38
surviving victims of sexual slavery during World War II, that the Agreement does not fully
comply with the scope and content of its general comment No. 3 (2012) on the
implementation of article 14 of the Convention, and fails to provide redress and reparation,
including compensation and the means for as full rehabilitation as possible as well as the
right to truth and assurances of non-repetition;

48. The State party should:
(d) Revise the Agreement of 28 December 2015 between the Republic of
Korea and Japan in order to ensure that the surviving victims of sexual slavery during
World War II are provided with redress, including the right to compensation and
rehabilitation and the right to truth, reparation and assurances of non-repetitions, in
keeping with article 14 of the Convention;


 審査の対象となった韓国政府からの報告(State party's report)には特に日韓合意に言及した部分は見当たりません(探せなかっただけかもしれません)が、市民団体(Civil Society Organizations)の中の「Submission by 63 Non-governmental organizations」という団体のレポートの中に、下記のような慰安婦問題と日韓合意に関する報告がありました。

50. Sex Slaves of Japanese Military Issues
290.On December 28, Foreign Minister of Republic of Korea(ROK) and Japan announced that
both sides had reached a‘final and unequivocal’ agreement on the Japanese military sexual
slavery issue, with Japan admitting Japanese Military's involvement in sexual slavery, prime-
minister Abe apologizing officially, and promising an $8.3 million payment that would
provide care for the victims.

291.The government of ROK said that they are not fully satisfied with the agreement but it was
the best they could get, considering many victims pass away year after year.

292.However, Korean government neglected demands of surviving victims and the organizations
representing them, such as to ascertain the truth, to punish officials, to found the
responsible, to have proper reparation, to prevent recurrence-. Also, surviving victims and
the organizations were neither consulted nor guaranteed to participate in the preparation
of this agreement.

293.Furthermore, Japanese government persistently denied or distorted the truth about
Japanese Military's sexual slavery even after the agreement in 2015.12.28.

294.While Japan strongly stipulates that the payment is not compensational, Korean
government persuaded victims and their families to take the payment convincing that
Japanese government have officially apologized and the payment is compensational.

295.Consistent demands of surviving victims and the organizations representing them are
official apology of Japan based on scertained truth, reparation as verification of apology,
and action to prevent recurrence by educating proper history. Though Korean
government was well-acquainted with these demands, they did not only made an unwanted,
inconsistent deal, but also urged victims and their families to take it. Korean Government is
now violating the victims and their families' right to get a remedy. This causes elderly
surviving victims and their families to suffer from secondary damages such as a
psychological distress and from deterioration in health due to stress.

296.Surviving victims who did not approve the Dec 28 KOR-JPN agreement, are demanding
Korean government to withdraw it and to put effort on making resolution based on their
needs. Nevertheless, Korean government is not only ignoring these demands but also
stopped offering a financial support for the project to designate Japanese Military's sexual
slavery as a UNESCO World Heritage List.

 つまり、国連の拷問禁止委員会は韓国政府の報告ではなく、市民団体からの報告の中にあった日韓合意を取り上げて勧告を出しているのです。こうした構造は日本の場合にも当てはまりますが、日本政府は、批准している条約の履行義務はあっても各委員会からの見解(外務省は勧告ではなく見解と訳しています)には履行義務はないことを閣議決定しています。

拙ブログ「条約の批准と委員会見解(勧告)の履行義務」

 ただし、報道にあるように、日韓合意の再交渉を公約に掲げる韓国の新大統領が今回の国連の勧告を持ち出して再交渉を要求する可能性はありますし、これを機に各人権条約の日本の審査の時に、日本の市民団体が国連に報告して、日本に対しても日韓合意の見直しを勧告してくることが予想されますので、今後も注意が必要です。何と言っても、国連の人権のHPで、各人権条約の日本の審査状況を見て頂くと、日本の審査の時の市民団体からの報告の数が他の国と比べてとても多いですから。



追記 (平成29年5月14日)

昨日(平成29年5月13日)、記事の中で、
「審査の対象となった韓国政府からの報告(State party's report)には特に日韓合意に言及した部分は見当たりません(探せなかっただけかもしれません)」
と書きましたが、「Written replies of the State party」の中に日韓合意に言及した部分がありました。恐らく、報告書を提出した後に委員会からの質問に書面で答えたものだと思います。内容は下記の通りです。

The Agreement on Issues related to the “Comfort Women” between the Governments of the
Republic of Korea and Japan

4. Since the early 1990s, when the so-called “comfort women” issue was first raised in the
international community, the Government of the Republic of Korea has shared its opinions with
the UN human rights mechanisms on the issue, endeavoring to ensure that the relevant
international human rights standards and principles are put into practice. Unfortunately, however,
notwithstanding the continued attention of UN human rights mechanisms and efforts made by the
previous ROK Governments to resolve this issue, many of surviving victims passed away before
such efforts bore fruit. The average age of the victims in the ROK is currently 90, and only 38 are
still living.

5. The ROK Government has put in extensive efforts to resolve the issue with a sense of urgency that
it should be settled before any more of the “comfort women” victims pass away. As a result, the
Governments of ROK and Japan finally reached an agreement at the ROK-Japan Foreign
Ministers’ Meeting on December 28, 2015 (hereinafter referred to as the “Agreement”).

6. The primary purpose of the Agreement is to restore honor and dignity of the victims and to heal
their psychological wounds. Bearing this in mind, the ROK Government has heeded the opinions
of the victims and advocacy groups, and has exerted the best of its efforts to reflect their opinions
in the Agreement during the consultations with Japan.

7. The demands of the victims and advocacy groups are reflected in the Agreement as follows: (i)
reaffirmation of the historical fact that the Japanese military authorities were involved and the
acknowledgement of responsibility by the Japanese Government for the first time, (ii) an
expression of sincere apologies and remorse to all the victims by Prime Minister Abe in his
capacity as Prime Minister of Japan in public and in an official manner; and (iii) the provision by
the Japanese Government of a lump sum funding from its budget to a foundation, which would be
established by the ROK Government to implement the commitment made by the Japanese
Government.

8. The ROK Government established the Foundation for Reconciliation and Healing as a follow-up
measure of the Agreement in July 2016 to carry out programs to restore honor and dignity of the
victims and to heal their psychological wounds. The ROK Government and the Foundation have
met the majority of the surviving victims and the families of the deceased victims to explain the
programs of the Foundation. The Foundation has so far confirmed consents of 34 out of the 46
surviving victims, who were alive as of December 28, 2015 when the Agreement was reached. The
ROK Government will continue to communicate with the victims and spare no effort to restore
their honor and dignity, and to heal their psychological wounds through programs of the
Foundation.

9. Meanwhile, the “comfort women” issue embodies multi-dimensional aspects in the sense that it
has bearings with: an issue involving the restoration of honor and dignity of each victim; a global
issue relating to universal human rights; an issue which offers important lessons to be drawn from
history that must not be forgotten to prevent any recurrence of such inhumane acts; and a
diplomatic issue between the ROK and Japan. Among these, the “comfort women” issue as a
bilateral diplomatic issue between the Governments of the ROK and Japan is the subject of the
Agreement, and the principal purpose of the Agreement is to restore the honor and dignity of all
the victims. In this regard, when the Governments of the ROK and Japan stated in the Agreement
that the two Governments “confirm that through today’s statement, this issue will be finally and
irreversibly resolved,” they meant that the “comfort women” issue as a bilateral diplomatic issue
will be resolved “on the condition that” the measures stated by the Japanese Government are
faithfully implemented.


 この内容について、今朝の産経新聞が次のように伝えています。

国連委の見直し勧告 韓国が「日本の履行不十分」との文書提出 国連もNGO主張取り入れ 日本政府は不快感 (産経新聞 平成29年5月14日)

 国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会が慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意の見直しを韓国政府に勧告した問題で、韓国が同委員会に提出した文書で日本政府の10億円拠出に触れず、日本側の履行が十分でないため慰安婦問題が解決されていないとの見解を示していたことが13日、分かった。文書は「最終的かつ不可逆的に解決される」との合意内容に沿っておらず、誤った情報に基づく勧告に日本政府は強い不快感を示している。

 文書のタイトルは「拷問禁止委員会に対する韓国代表団の書面回答」で、同委員会のホームページに掲載された。日韓合意について「2国間の外交問題である“慰安婦問題”は、日本政府が言及した措置が誠実に履行されるという“条件”で解決されるとの意味だ」と解釈。一方、元慰安婦を支援する財団に日本が10億円を拠出した事実に関する記述はなかった。

 韓国は2月に提出した報告書で、過去に出された勧告に対する06〜15年の実施状況を説明したが、日韓合意には触れていなかった。今月2、3両日に同委員会の審査を受けた際、日韓合意に関する情報提供を求められたため、書面回答を提出したとみられる。

 同委員会が日韓合意を持ち出した背景には、3月20日に韓国の非政府組織(NGO)63団体が提出した報告書の存在があるようだ。報告書は、韓国政府が元慰安婦の要求を無視して日本と合意を結び、元慰安婦らに日本からの資金受け取りを勧めたため精神的苦痛や健康悪化に苦しむことになった−との内容だった。

 しかし、日韓合意時に元慰安婦と認定された46人のうち、34人は財団を通じて日本の拠出金を財源とした現金支給の受け入れを表明。すでに32人が受け取り、NGO側の主張とは実態が異なっている。

 ジュネーブの国連欧州本部は、NGOから人権侵害などの情報提供を積極的に取り入れて加盟国審査を行う。拷問禁止委員会も人権状況を調査しており、過去には日本に対する勧告で慰安婦を「性奴隷」と表現するなど、NGO側の主張を基に改善を迫ってきた。

 今回の勧告は韓国を対象にした審査で、日本が関与する余地はなく、合意の履行状況に関する照会もなかった。日本政府は勧告にかかわらず引き続き日韓合意の履行を迫るが、韓国の書面回答に対し、政府関係者は「きちんと対応する」としており、経緯を確認した上で抗議も含め対処する考えを示した。











テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国連の拷問禁止委員会が日韓合意の見直しを勧告 (※追記あり) 函館市の子どもの権利条例を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる